Home > 政治学・行政学・国際関係論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 行政学

現代行政の論点

東田親司著

定価2,940円/本体2,800円
四六判304ページ/ISBN978-4-7556-1247-3

民主党政権下での政治・行政の改革動向と問題点を解説
実務経験者の視点で野田政権までの40論点を掲載

2009年の総選挙で国民に選ばれた民主党政権は,政治主導,事業仕分け,公務員制度改革などの課題に取り組むとともに震災対応,TPP,社会保障・税一体改革,普天間基地などの個別課題にも対応を迫られている。これらを含む40の論点を基礎から説明し改革方向を提示する。
本書は以下の三つの工夫をした。
第一に公共政策の視点から政策内容に触れるように努めた。第二に行政改革等の新しい動きを説明した。第三に読者のニーズの多様さを考え,章を二つに分け,基礎知識の部分と,問題点や今後の課題を考えてもらう部分にし,具体例や実際の経験を書くようにした。


第1章 政治と行政
第2章 内閣及び内閣補佐機関等
第3章 国家行政組織
第4章 内閣府,国公委,総務省,法務省,外務省
第5章 財務省,文科省,厚労省,農水省
第6章 経産省,国交省,環境省,防衛省
第7章 府省の内部組織と幹部の役割
第8章 特殊法人・認可法人・独立行政法人
第9章 公益法人制度とその改革
第10章 行政組織における意思決定
第11章 政府立法(閣法)のプロセス
第12章 国家公務員の人事管理
第13章 行政改革の経過と公務員制度改革
第14章 地方分権改革
第15章 政策評価と事業仕分け

政治学・行政学・国際関係論書籍一覧へ HomeHome