Home > 政治学・行政学・国際関係論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 行政学

カバー写真 英国の分権改革とリージョナリズム

石見 豊著

定価2,730円 本体2,600円
A5判上製280ページ/ISBN978-4-7556-1246-6

分権改革の内容と最新動向をわかりやすく解説
日本が参考にすべきヒントを満載

本書の主な内容
・英国における分権改革の10年間の歩みを歴史的にふり返る。
・英国の国の成り立ちと分権改革の多様性(スコットランド,ウェールズ,北アイルランドの改革内容のちがい)について説明する。
・分権改革とリージョナリズムの共通点,相違点などについて整理する。
・2010年の政権交代の影響,最近の改革の動きなどについて見る。


序 章 英国における「分権」の意味
第1章 分権改革のはじまり:スコットランド議会の創設
第2章 スコットランド分権改革の変容
第3章 ウェールズにおける分権改革
第4章 イングランドにおけるリージョナリズムの歴史的展開
第5章 イングランドにおける行政的リージョナリズム
第6章 イングランドにおける地域議会設置構想
第7章 イングランドのリージョナリズムと政権交代
第8章 分権改革とヨーロッパとの関係
終 章 英国の多様な分権改革

政治学・行政学・国際関係論書籍一覧へ HomeHome