Home > 政治学・行政学・国際関係論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 国際関係論

カバー写真 アジア共同体の創成に向かって

佐藤洋治・鄭俊坤編著
鄭 員力燮/石渡利康/坂井一成/井上桂子/川戸秀昭/吉本隆昭/岡本博之/堅尾和夫/吉田正紀/川副 令 著

定価1,470円 本体1,400円
四六判上製280ページ/ISBN978-4-7556-1245-9

●「競争」から「共存」へ
●人種・民族・国籍の壁をどう乗り越えるか

グローバル化とリージョナル化の進展によって,単一のネイションを前提にした各国の諸制度は変革を迫られている。また,個人の価値観や世界観の変化は,ナショナル・アイデンティティをも変えつつある。多民族・多文化からなる市民社会のなかで,国籍や民族を超えた地球規模の課題を考え,主体的に行動する個人が求められているのだ。開かれたアジア共同体の形成には,国家による上からの地域統合に加え,市民組織による下からの国境をまたいだ連携が必要である。そのためには多様な社会勢力や利益集団などの協力・交流によって市民意識を共有することである。


第1章 アジア共同体の構想と進展
第2章 いま,なぜアジア共同体なのか
第3章 グローバリゼーションと国家の変容
第4章 EU統合と拡大の軌跡
第5章 アジア連帯主義とアジア国際関係
第6章 経済共同体の構築
第7章 安全保障共同体の形成と条件
第8章 東アジアにおけるエネルギー安全保障と資源協力
第9章 環境問題と環境協力
第10章 文化交流と人的交流の拡大
第11章 アジア共同体構想の現実性と阻害要因
第12章 アジア共同体の形成と市民社会の役割
第13章 アジア共同体の創成に向かって
第14章 やがて世界はひとつになる

政治学・行政学・国際関係論書籍一覧へ HomeHome