Home > その他の人文・社会科学書書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 思想・社会経済学

カバー写真 近代産業文明の黄昏
−人間の時代の目指しを求めて−

高瀬 浄著

定価2,940円/本体2,800円
四六判/256ページ/ISBN4-7556-1230-5

明寛容と共生時代の到来。
現代は何が問われているか。
現代の近代科学の発展は,人間にモノの豊かさや福祉をもたらしたが,いまや科学万能の時代は終焉しつつある。近代化の結果,エントロピー論や地球環境問題をはじめ「近代知の陥穽(かんせい)」が新たな課題となっている。

第1章 寛容と共生時代の到来
第2章 素朴と文明
第3章 ポストモダンと社会的価値
第4章 ポストモダンと地球環境問題
第5章 自然と環境問題のコスモロジー
第6章 アイヌの自然観と世界観
第7章 自然と宮沢賢治の思想
第8章 自然と南方熊楠の思想
第9章 定点を失った資本主義の構造
第10章 見直された現代文明論
●私の回想?私の社会経済学と自分史

その他の人文・社会科学書書籍一覧へ HomeHome