Home > 政治学・行政学・国際関係論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 行政学

改革の論点
−実践的行政改革論−

東田親司著

定価1,890円/本体1,800円
四六判/208頁/ISBN4-7556-1196-2

小泉政権は「改革なくして成長なし」の理念のもと、構造改革に邁進したといえよう。しかし、「改革は本当に成果をあげたのか」を問わなければならない。本書は、構造改革の中心である行政改革の成果を、中央省庁等改革以降約5年の実績から検証し、積み残された課題を点検する。筆者の官庁での実務経験に基づき,改革が不十分で,すみやかに改革すべき課題を取り上げ,その問題点,改革方向などを解説し、国民の視点に立った政治・行政運営の必要性を説く。実態や背景事情がわかるよう現場での実話やこぼれ話をコラムなどに盛り込んだ。

第1章 行政改革の経過と中央省庁等改革
1 行政改革の経過
2 中央省庁等改革
コラム 一省庁一局削減の思い出ほか

第2章 政治主導の行政運営
1 政治主導の行政運営の意義
2 補佐役としての官僚の必要性
3 府省内の政治家と官僚の関係改善
4 大臣の就任期間の長期化
5 与党の事前審査制度
6 政治家と官僚の判断の特徴
コラム 政治家の行政への介入ほか

第3章 公務員制度改革
1 公務員制度改革の位置づけ
2 公務員制度改革の矮小化
3 公務員制度の改革方向
コラム 公務員の政治的行為の制限ほか

第4章 国家戦略スタッフ制度
1 国家戦略スタッフ制度と棚上げの事情
2 政治任用の公務員制度
3 欧米における政治任用の公務員
4 米英仏独の実態とわが国との対比
5 政治任用とは何か
6 国家戦略スタッフ制度の創設

第5章 地方分権改革
1 地方分権改革の性格
2 今次地方分権改革の経過
3 今次地方分権改革の結果
4 国と地方の人事交流と地方議会の活性化
コラム 実現重視路線ほか

第6章 政策評価制度
1 政策評価制度の意義と成果
2 国と地方における政策評価の実施状況と課題
コラム 政策評価制度の導入をめぐる各省庁との調整/成果指標の難しさ

第7章 新しい行政経営に向けて
1 新しい行政経営のねらい
2 新しい行政経営の課題
3 総務省研究会報告の要点
4 地方の実施状況からみた課題
5 国政レベルへの導入に向けた課題
6 職員組合のあり方
7 行政経営の抜本的改革事例
参考 骨太の方針

第8章 行政とマスコミ・国会
1 マスコミと行政
2 国会運営と行政
コラム 大臣の国会答弁ほか

政治学・行政学・国際関係論書籍一覧へ HomeHome