Home > 社会学・マスコミ論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 社会学・マスコミ論

カバー写真 社会学への道案内

山田實著

定価2,520円/本体2,400円
A5判/160ページ/ISBN4-7556-1180-6

『社会学の理論と応用』『コミュニティの社会学』『社会学への招待』といった書名の本は,これまでに多く出版されている。しかし,そのなかで社会学の入門書と呼ぶことのできる本は意外と少ない。本書は,社会学をはじめて学ぶ人たちの道案内となることを願って5つの章から構成されている。第1章は,社会学がどのような社会状況のもとで成立し,その後,ヨーロッパやアメリカでどのように発展し,現在に至っているかを述べる。第2章は,人間の社会を構成している社会集団がどのようなものであり,どのような構造や機能をもっているものかを論じる。第3章は,人間の社会における変動がどのような要因によってひき起こされ,人間の社会がこれまでにどのような歴史の過程を経て現代社会へと変動してきているかを述べる。第4章は,マス・コミュニケーションがどのようなものであり,現代社会のなかで,どのような機能をはたし,どのような効果をもたらしているかを論じる。第5章は,社会調査がどのようなものであり,どのような段取りでおこなわれるかを述べる。

第1章 社会学の成立と発展
第2章 社会集団の構造と機能
第3章 社会変動と現代社会
第4章 マス・コミュニケーション
第5章 社会調査

社会学・マスコミ論書籍一覧へ HomeHome