Home > 政治学・行政学・国際関係論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 政治学

カバー写真 利益誘導政治
ー国際比較とメカニズムー

河野武司/岩崎正洋編
前田耕/荒木宏/木暮健太郎/佐川泰弘/荒井祐介/工藤裕子/湯浅剛/倉田秀也/渡辺剛/段瑞聡/矢澤達宏著

定価2,835円/本体2,700円
四六判/249ページ/ISBN4-7556-1178-4

私的利益のために政治を用いることを利益誘導政治というのは簡単である。しかし,特定の地域や集団への利益であっても,社会的不都合を是正する行為を批判できるだろうか。利益誘導政治の本質と機能を諸外国と比較しながら明らかにする。

序 章 利益誘導政治のメカニズム─選挙と国民の期待
第1章 アメリカ─「豚肉配り」と議員の再選追求
第2章 イギリス─ウエストミンスター型利益誘導政治
第3章 カナダ─自由党を中心とする利益誘導政治
第4章 フランス─利益誘導政治と公職兼任制度
第5章 ドイツ─政党と国家の関係における利益誘導
第6章 イタリア─政治腐敗と選挙制度
第7章 ロシア─ロビイング制度化への模索
第8章 韓国─青瓦台・地域主義・財閥の三位一体
第9章 台湾─黒金政治とクライエンテリズム
第10章 中国─共産党主導下の利益誘導政治
第11章 アフリカ─利益誘導政治の位置とコンテクスト
第12章 日本─利益誘導と政治腐敗

政治学・行政学・国際関係論書籍一覧へ HomeHome