Home > 社会学・マスコミ論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 社会学・マスコミ論

カバー写真 災害と社会構造
−危機管理の論理−

田中伯知著

定価1,785円/本体1,700円
四六判 124ページ/ISBN4-7556-1139-3

多くの人命を奪った阪神・淡路大震災から6年が経過した。私たちは震災からどのような教訓を学んだだろうか。災害社会学の視点から大災害をみると,市民の対応行動には共通点がある。つまり,過去の災害体験が大きく影響しているのだ。また,対応行動を規定する災害文化(知識・技術・思想)のありようが被害の大きさを左右することがわかる。自然災害がもたらす被害,とりわけ大規模都市型災害は,実際には人間の災害対応行動によって大きく左右される。アメリカのデンバー大洪水,日本海中部地震,阪神・淡路大震災における市民と自治体の災害対応行動を紹介し,わが国の防災体制と自治体の災害発生直後の救援初動態勢のあり方を考え,提言を行う。特に,災害救援活動において,わが国で最も機動力と活動実績をもつ自衛隊との密接な協力体制づくりを訴え,わが国の危機管理体制を再考する。

第1章 デンバー大洪水と警報の効果
第2章 日本海中部地震と津波対応行動
第3章 阪神・淡路大震災の救援初動態勢

社会学・マスコミ論書籍一覧へ HomeHome