Home > 経済学書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 経済学

カバー写真 地域振興と航空政策
ーモデルケースとしての沖縄ー

戸崎肇著

定価2,730円/本体2,600円
四六判/251ページ/ISBN4-7556-1129-6

いままさに地方分権がブームである。しかし,従来型のリゾート開発を主体とした,地域の特性を考えない地域振興政策の推進は,地域のかけがえのない環境を破壊し,コミュニティーの崩壊,過疎化の進行を通じて,中央集権構造をさらに押し進めることとなる。本書は,現在注目を集めている沖縄の地域振興問題をモデルケースとして,今後の地域振興のあり方・進め方を分析し,提言を行う。特に,規制緩和が進む航空政策との関連を重視し,地域航空会社の設立,地方空港の経営方針の見直しなど,地域住民が,国内航空を中心とする規制緩和の成果を地域振興のなかに活かす道を追求する。

第1章 沖縄経済の現状と現在に至る振興政策の展開
1地域振興とは
2沖縄経済の特質と現状
3現在進行中の振興政策
第2章 航空政策と地域振興
1国内航空規制緩和と新航空会社構想の活発化
2インフラとなる空港整備のあり方をめぐって
第3章 地域振興に関連する諸問題
1沖縄をめぐる観光政策
2沖縄における環境問題
3県内交通ネットワークの整備
4港湾整備の問題

経済学書籍一覧へ HomeHome