Home > 政治学・行政学・国際関係論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 政治学

カバー写真 日本政治の政策過程

シリーズ名 RFP叢書4/シリーズ「政治学のリサーチ・フロンティア」

中村昭雄著

定価3,568円/本体3,398円
四六判/229ページ/ISBN4-7556-1118-0

内政・外交の両面で大きな転換期を迎えているわが国は,21世紀においてきわめて重要な政策を打ち出していかなければならず,山積する政策課題に迅速かつ適切に対応する政策運営を求められている。また,政治を社会における「公共政策の政策過程」と規定するならば,今日の政治不信や無党派層の高まりは,「公共政策の政策過程」が,かつてないほど不透明であることを示している。低調な政策論議による「政策不在」や「理念なき政策」のなかにあって,今日ほど政策過程の研究解明に期待がかけられている時代はない。本書は,実証的な事例研究によって従来の政策過程モデルを検討し,新しい現代日本の政策過程モデルを提唱する。

第1部 政策過程の理論
第1章 現代日本の政策過程モデル
第2章 政策過程におけるアクターと制度的要因
第2部 政策過程の事例研究
第3章 売上税廃案と選挙
第4章 電電公社の民営化と臨調答申
第5章 行財政改革と健康保険法改正
第6章 公職選挙法改正の政策過程
第7章 日米貿易摩擦における日本の対応
第3部 政策論的アプローチの提唱
第8章 新しい政策過程モデル

政治学・行政学・国際関係論書籍一覧へ HomeHome