Home > その他の人文・社会科学書書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 下町言葉

カバー写真 べらんめぇ
−お江戸ことばとその風土−

横田貢著

定価2,548円/本体2,427円
四六判/247ページ/ISBN4-7556-1116-4

江戸・東京下町の大衆気質と風土の隠し味を,本場浅草人が熱く語る。お江戸べらんめぇは,どこで見分ける? べらんめぇことば,お江戸大衆ことばの奥に広がるものは,何てったって江戸の気質と風土だ。本書は,江戸べらんめぇの特色をまとめ,江戸べらんめぇの気質・風土を,江戸の後継ぎ東京下町・浅草を通して眺め回す。浅草北部,川端で生まれ育ち,いまもそこに根を張る著者が,じかの体験・知識を繰りながらお江戸べらんめぇ学,東京下町浅草学を,深い郷土愛を込めて語る。

第1章 べらんめぇことばミニ百科
べらんめぇの先祖と西鶴の周辺/江戸のべらぼう(ばか者)始め/明和の時代と吉原と/洒落本・京伝・べらぼうめ/「弥次・北」とべらんめぇ/べらんめぇを切る/べらんめぇ,その後
第2章 お江戸気質を大写しにする
切るに切れないことばと気質/お江戸気質は風土から/互いにもみ合う運命,江戸の町/江戸の気質を一覧する/義理と人情は下町の花か/お祭り大好き,祭りの哲学
第3章 江戸べらんめぇの風土
浅草の始まり/観音門前と仲見世/お楽しみ,境内見世物案内
第4章 大川に沿って浅草裏手の町
花川戸の町/山の宿から聖天町・猿若町/幟はためく猿若町/今戸のおもむき/川岸の名勝地橋場/橋場の旧跡,主な見どころ

その他の人文・社会科学書書籍一覧へ HomeHome