Home > 社会学・マスコミ論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は5% 税込みです。

ジャンル 社会学・マスコミ論

カバー写真 改訂マスメディアの科学

荒牧富美江/松木修二郎/山田實著

定価2,940円/本体2,800円
A5判/225ページ/ISBN4-7556-1053-2

コミュニケーションと情報に関連する諸問題の解明には学際的な調査・研究が不可欠である。したがって,マス・コミュニケーション研究は,時代の流れに沿って絶えずその研究対象を拡大してきた。特に,今日の高度情報化社会と科学技術の発展にともなうニューメディアの出現によって,こうした傾向はさらに加速されつつある。ニューメディアの発達は,人間のコミュニケーション行動に多くのインパクトを与えると同時に,コミュニケーションの秩序にも多大な影響を及ぼすであろう。それは,当然,マス・コミュニケーションにも及ぶ。とすれば,マス・コミュニケーションの問題を考える際には,ニューメディアの問題,高度情報化社会の問題についても言及することが必要である。これらの問題にもふれながら,改めてマス・コミュニケーションとは何かを問いただす。

第1章 マス・コミュニケーション研究の系譜
第2章 マス・コミュニケーション
第3章 マス・コミュニケーションの機能と効果
第4章 マス・メディアにアクセスする国民の権利
第5章 情報化社会とマス・メディア
第6章 活字メディア〈新聞〉
第7章 電波メディア〈放送〉
第8章 マス・メディアの将来とニューメディア

社会学・マスコミ論書籍一覧へ HomeHome